© 2017 by team MINE Teammine

Please reload

最新記事

【8/23】an overnight stay camp

September 11, 2019

 

こんばんわ ひろふみです。

 

さて、登山部MIOこと”MINE SHIGEO”は、本来登山部であり、山を攻めるサークルですが

リーダーシゲオが岐阜へ転勤になって2年以上たちますでしょうか?

 

牽引し、MIOをなくさないよう、動こうとするものの、本趣味のフットサルがめっちゃ忙しく

合間をぬっての登山活動が、正直、億劫”おっくう”になっています。。。

 

なぜなら、登山先を決める。天候季節を見て、冬装備がなくても大丈夫かどうか見極める。メンバーへ打診する。当日行程スケジュールを考える。車でメンバー迎えいに行く。登る。山頂飯作る(ここが一番楽しい)。降りる。温泉先へ出向く。帰宅する。

 

うわぁ。。。

趣味として当たり前な行程なんですが

ついつい「土曜助っ人に来れないか?」「日曜助っ人に来れないか?」「大会主催者側から大会参加してくれないか?」「ミックス大会参加申しこみ」「SNLという月一リーグ戦略準備」、「ビブスの洗濯」、「スケジュール更新しないメンバーへ、どうした?LINE]などなど

 

それらやってると、「登山準備」が後手後手になり、とくに登山部メンバーからも「どうした?いかないのか?」っといった追い込みもないので、すすっとしています。

 

そんな中、「ニヒルボーイふくさん」というフットサルメンバーはキャンプ好きが功を奏し

毎年アイテムを追加し、いかに楽しむかを追求している人なんですが

「今年は、1泊でどうですか?」っとお誘いがあったのがきっかけです!

 

もてなし上手なふくさんは、手ぶらで来れるようにすべてのアイテムを用意しているところ

ちょっと自分用にほしいな!っと考えて

 

・テント

・ローチャア
・ランタン
・膨らます式ベット

など、Amazonで、ポチっと買っちゃいました!

さらに夏だし暑いだろうと

・受電式扇風機

・モバイルバッテリー ライト機能付き

 

さらに暑いだろうし、シャワー付きキャンプ場とはいえ

・着替え2泊分

・登山用レインウェア

・バスタオル

など、ピクニック行くかの如く、用意していたら、20mlの登山リュックに入らない。。。
よし38mlリュックに。。。も入らない。
ので、富士山登山用に買った60mlリュックが登場。

さすがに余裕アリアリの積載量でしたが、手ぶらで、ひとつのリュックにすべてを入れ込むことに成功しました。

 

そんな、うきうき気分もリュックに詰め込みながら

去年、極秘で行った日帰りBBQを得て、今年は、「 an overnight stay 」しに埼玉県ときがわ町へ行ってきました!
まさかの圏外。。。
スマホ依存症な最近の若者をすこし蔑でいたのですが、圏外となると、逆に連絡が取れないことへの不安が出てきますね。

しかし、圏外だし、どうもならんと割り切ったことで、campに集中できました!

そんな流れをスマホで写真で取って、文字載せてみたw

 

 

そう!camp当日!朝10時!
いたせりつくせりな、ふくさんプレゼンツcampですから、家に迎えに来てくれます!
ちかくのメガドンキで、食材を物色しました!
去年夏のBBQで学んでいたのですが、「人って思ったほど、食べれない」です。

だいたい買いすぎて余るのですね。
なので、今回は

 

夜飯ようにまずは肉!

・2000円の和牛

・牛ロース

そして、ふくズキッチンで「ドンタコスを使ったタコス」

・ドンタコス

・レタス

・トマト

・アボガト

・チリペッパー

をサラダ用として購入。

 

さらに、お酒は

プレモル2本

酎ハイ 4本

ウーロン茶

コーラ

ポテトチップス

と、程よい飲み会アイテムももちろんいりますよね!

 

レタス鮮度とか、正直気にしない僕ですが、「鮮度とかわからんから、これでいいよね?」っと適当に選んでいたら、一緒にレタス探していたマダムから

「それはだめよ。これにしておきなさい」っとご自身が選んでいたレタスをくれました!
 

夏campだし、半そで短パンで、フットサルで焦げた男2名(30代)がマダムからしたら、子供だったのかもしれません。

そんな、やさしい出会いがあり、「ありがとうございます!」っと満面の笑みで、感謝いたしました。

 

ええ。。。何も学んでいませんでした!

・焼きそば

・ベーコン

・ホットドック用パン
 

も購入!朝飯&小腹用です!

 

さて、購入した和牛を焼くにもこだわりを見せます。

 炭持参です!
この備長炭!まじで曲者!

 

火が付いたか全然わかりません。

(牛角とかの炭火って↑のような完成された姿しかしりませんでしょ?)

 

炭に、火をつけるための固形燃料に火をつけて、炭を立てに、空気が通るように入れすぎない。

 

固形燃料から火が移り、↑のような状態になると思うでしょ?

 

これが全然ならないのです。

 

固形燃料→新聞紙→トーチと、あらゆる引火アイテムを駆使すること、1時間半。。。

 

「全然つかない。。。ナニコレ?」

「固形燃料がしけていて、火...が弱いせい」

「空気の通りが悪いから、うちわであおいでみる」

様々な試行錯誤をして、完成型を目指したわけですが、まじで全然なのです。。。

 

もうだめだっと。。。思っていたら、

「あれ?この炭、火ついてね?」気づく私。

そう備長炭の中は、うまい棒のように真ん中は空洞なのです。

この空洞は空気を通りやすくし、火が伝わりやすくする穴(たぶん)

その穴が赤く光っているのです。

メラメラなんて火ではなく、ランタンのようなホワンとした赤さがあり、

「これ、火ついてるんじゃね?」っと、備長炭バケツから、数本BBQグリルへ置き、

手をかざしてみます。

「あったかいね。。」

「プレート置いて、油敷いてみるべ」

 

「・・・」

「あ、めっちゃジューっていってる!!」

 

そう!すでに「火がついていたのです」

 

苦節1時間半。。。どこで、すでに火がついていたのか謎ですが、”どうなったら火がついているか”は正直わかりました!

 

これは、苦労してもらいたいので、内緒にしておきます。

 

そんな悪戦苦闘中ながら、もてましマンこと、

ふくさんは、ちゃんと非常用にガスコンロ持ってきてましたw

 

「いや~、最悪コンロがあったんですが、ついてよかったっす」

 

 

「おいおい!コンロあること早く言ってや!」なんて、言わないものなんですね。

 

火が付いた備長炭。香ばしい匂いを醸す油を敷いたプレート

そして、開放的なキャンプ場と達成感。

 

「おお、そっか、でも備長炭ついてよかったね」素直な気持ちです!

 

そして、ファースト ミート はやっぱり 和牛2000円!

 スマホで動画とってやりましたw

さらに、ふくズキッチンのサラダはこちら

 

ビールも進みます!

 

ドンタコスのときには、大分暗くなっており、炭火が、悲しげな雰囲気にひとつの灯としていい味をだしています。

 

まだ、終わらない!

そして、ふくさんは、スクリーンを貼り、モバイルプロジェクターを用意!

それ専用の寝れるチェアも用意して、夜の山、人工的な明かりのない自然光のみの空間に

ひとつ輝くプロジェクターから映し出されるのは、「アルマゲドン」!

 

200インチを超えるシアターで、極楽の映画鑑賞をして、
めでたし、めでたし、、、っとなるはずが

クライマックスで、プロジェクターの電池0になるわ。雨と風で寒くなってくるわ

横からガサゴソ聞こえたと思ったら、同じキャンプ場の家族が、なんだかんだ?ってみるくるわで

いろいろハプニングあるわで、ドタバタのシアター会でしたね!

 

ただ、これ!完璧にこなせたら、女の子喜びますよ(ぐへへ)

 

そんなこんなで、夜も寝静まり、各々のテントにて就寝となるわけですが

・アマゾンでかった膨らませ式ベットが、とても口の息では膨らまない大きさ

・雨による浸水

・寝袋・バスタオルなど、せめて体だけでも冷えないようにする努力むなしい浸水

 

そして、風なのかアイツなのかわからない恐怖。

 

そんな危険にビビりながら、翌朝は、案の定 焼きそば食べれず。

 

有名な温泉?で体を癒し、有名な水を使っていない麺のラーメン屋で昼食を食べて帰宅につきました!

 

次は、

・薪で囲む秋キャンプですね!

 

今回で学んだので

・グランドシート(テントの下に敷くシート)

・組み立て式簡易ベット(膨らますやつはもういらんわ)

・寝袋

 

など、秋・冬用に最適なグッズを集めつつキャンプライフ楽しむ予定です!

Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square