【9/16】SNL3部3節 1位になりました!


どうも ひろふみです!

3部リーグへ昇格し、二回目のリーグ戦の中で、初めてリーグ一位になりました!(パチパチ)

3部に入り、敵が強くなったことで、「どうやって負けないか?」が主となっていたと思います!

5部→3部(5チーム制⇒6チーム制)となったことで、2ランクアップなレベルの

放り込まれたミネは、伝説の「フットサルしてる!」という名言を賞賛の言葉として送った

現在2部で無双中のデスパイネやチバネスパと、遊ばれながら戦ったのが、良い思い出です。

それをきっかけに、のびしろのない”個”ではなく、まだまだ成長できる”戦術”を磨いて

戦ってきたのです。

とはいえ、最終は”個”があっての”集”です!

トラップできない、パスできない、シュートできないでは、話にはならないのです!

現3部リーグのうれしいこととして、参加メンバーがある程度定まってきた(人数も含めて)

まずは、メンバーがいなくて、つらいということが解消されたことですかね!

そのうえで、プレスを随時仕掛ける飯島君を軸に、相手を追い詰めボールをキープさせない戦術や

ポストプレーとしての藤井さん、相手のマーキングを外す絶え間ない動きのキッシーと全部のプレーを説明すると長くなるので、今回光った(自薦)メンバーをお伝えしましたが、そういったプレーヤーと相手チームのプレースタイルがかなり噛み合い(チームミネにすごくかみ合う)ので、得た成績だと思います。

ただ、天敵になりつつある「フェニックス」に対しては、この戦術が通用せず2連敗中です。

ハイプレスと流動的な”圧”で場を支配するスタイルにしたミネは、同様に攻撃スタイルなチームには

かなり噛み合います。

相手も攻めたいので、ポールキーパーを落ち着かせないこと。ドリブラーの初期動作(緩急潰し)がこのハイプレスで、封印している武器でもあり、ハイプレスが故に、ディフェンスが弱くなります。

この「フェニックス」は5~6名と交代枠がないこともあり、カウンターを主体としたきっちりした守りから攻撃してきます。

そのため、プレスに行き過ぎて、ハーフラインから後ろが空いたスペースに走りこまれると

ゴレイロと一対一という危険な環境ができます。

そこについては、多々突かれ、スーパーゴレイロセッシーだから、失点なく収まっていますが

失点する機会が多々あります。

そういったカウンターに弱いハイプレスに対し、フェニックスに敗れて、戦術を変えよう!

一部で戦術を話してないで、みんなで話そう!といったインターバル中に話し合う中で

この「フェニックス」の戦術を分析でき、「いつもなら、よし!こちらも落ち着いてボールを運ぼう!」っとひとつ前のやられ方に対して、修正をしていましたが、今回は話している内に、「フェニックスにだけやられる」「なぜか?」「カウンター」といった状況分析ができました。

その状況が「果たしてほかのチームでもあるのか?」

というと、「ハイプレスがきく相手」であり戦術を変える必要がない!

という結論のもと

ハイプレス戦術を続行し、勝利につなげました。

当たり前ですが、負けた原因は、対戦相手のスタイルにも合わせていく必要があること

このインターバルの話し合いで、久しぶりに気付くことができました!

取組3番手ということで、3試合あきなど、考える時間が多くあったことも大きなポイントでした。

次回は、相手も戦術を変えてくるかもしれません。

となると!

そう!答えがでているとおり、「相手に戦術にこちらも対応していくこと」を意識して10月の4節も

戦っていきます!

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 by team MINE Teammine

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now